3月9日(水) 中国語で天声人語

昨天的关东地区,忽然春风送暖,气温回升。不过,花粉的飞散量也同步增多,东京的花粉计量呈现出“巨量”的观测值。在街头,目睹戴口罩的人的次数也越来越多。
杉树花粉量的飞散预报始于1987年3月9日。但在当时,我即使听到花粉症这个词,也有一种事不关己的意识。不过,从几年前开始,虽说不重,也渐渐有了眼睛发痒,打喷嚏等症状。从本报的全国舆论调查中可发现,超过三分之一的人觉得自己多少有一些花粉症的症状。在回答“患有花粉症”的人中,政令指定市(有高度自治权的大城市)和东京的23个区等大城市地区所占比例,比其他城市及乡镇要高。
如此说来杉树花粉症容易被视为一种城市病。其实从医学角度上真正认识到杉树花粉症的,却是在享有杉树林荫道盛名的枥木县的日光。1963年,赴任到古河电工医院的斋藤洋三医生发现春季里患有眼部,鼻部过敏症的患者增多。在阅读了日本猪草花粉症等论文后,斋藤的目光停留在了周围的高大地杉树上了。他从来没想到过杉树会开花。在树林里,他看到在杉树的枝头长满了只要轻微一碰就散出大量黄色花粉的雄花。(出自铃泽书店的《杉树花粉症》)
我的一位久患花粉症数十年的朋友说希望把杉树砍掉。虽明知病重的人痛苦万分,但盲目地乱砍乱伐也不是办法。当我们用自己的肌肤去感受遥远的自然时,得到的回报却是“病症”。这让我感觉到存在在人类,社会和大自然之间的某种巨大的均衡正在崩溃。


日光杉並木道





日本語原文:
昨日の関東地方は、急に春めいて気温が上がった。同時に花粉の飛散も増えたようで、東京での花粉情報は「非常に多い」。街では、マスクをかけた人が目立った。
スギ花粉の飛散予報が始まったのは、87年の3月9日である。当時は、花粉症と聞いても他人事(ひとごと)のように思っていたが、数年前からは、ごく軽いものの、目がかゆくなったり、くしゃみが出たりすることがある。
本紙の全国世論調査では、回答者の3分の1強が、花粉症の何らかの症状を自覚していた。「花粉症だ」と答えた人の割合は、政令指定市や東京23区などの大都市の方が、ほかの市や町村部より高かった。
一種の「都会病」のようにも見えるが、スギ花粉症が医学的に確認されたのは、杉並木で有名な栃木県の日光だった。63年、古河電工の病院に赴任した斎藤洋三医師が、鼻や目のアレルギー症状を訴える患者が春に増えることに気づいた。
日本でのブタクサ花粉症の論文などを読んで、斎藤さんが周りを見回すと、立派なスギが目に入った。スギの木に花が咲くなどとは思いつかなかった。しかし林に入ってみると、ちょっと触れただけでたくさんの黄色い花粉を飛ばす雄花が、小枝の先にびっしりとついていた(『スギ花粉症』すずさわ書店)。
花粉症歴・数十年の知人が「スギは伐(き)ってほしい」と言っていた。重症の人は相当つらいのだろうが、やみくもに伐るわけにもいくまい。はるか遠くにある自然を肌で感じた結果が「症状」になってしまうとは。人と社会と自然との、大きな釣り合いの崩れを感じる。


斎藤 洋三先生





[PR]
by indarel | 2005-03-11 01:14 | 中国語で「天声人語」
<< 3月10日(木) 中国語で天声人语 3月8日(火) 中国語で天声人語 >>