3月11日(金)  中国語で天声人語

在法庭里看不到多年来一直申请“重审”的原被告人们的身影。被谓为战争时期最大的镇压言论自由事件的“横滨事件”的五位幸存者,全都作古了。继承了他们遗志的遗属们,在东京高级法院听到了“支持开始重审”的决定。
即使如此,也花去了他们太多的岁月。“舍身之审乃拾命哉”,这是原被告人的原《中央公论》社出版部部员木村亨在82岁临终的前几天所写下的诗句,含义深厚。
横滨事件是中央公论社和改造社的一些人,因涉嫌“企图再次结成共产党”而被神奈川县警察局特高科逮捕的事件。有4人死于严刑拷打。
昨天,东京高级法院做出了“原被告人们在重刑拷问下,有可能不得以地作了违心的坦白”的认定。在特高科的纪录里有:“你小心你将是第二个(死于重刑的)小林多喜二!”“在现在的圣战下你竟敢干这种事!”等逼供的纪录。20年前,当木村亨告诉辩护团团长的森川金寿,虽战争已结束了40年,但他还没有得到平反时,森川愕然失色(出自树花舍的《快开始重审横滨事件》)。
91岁的森川是拄着拐杖由木村的妻子真纪搀扶着步入高院法庭的。可见木村们的悲痛的申诉,现在仍被坚定地继承着。然而,我不禁要问他们为了挽回自己一度失去了的名誉,究竟要花费多少的时间和精力?
既然已经决定了重审,那么受审的应该是当时的司法、当时的国家、还有那场战争。



獄死したプロレタリア文学作家
小林多喜二



日本語原文:
裁判所には、長い間「再審」を求め続けていた元被告たちの姿はなかった。戦時下の最大の言論弾圧事件といわれる「横浜事件」の生き残りだったその5人は、ことごとく他界している。訴えを受け継ぐ遺族らが、東京高裁の「再審開始を支持」の決定を聞いた。
それにしても、長い年月がかかった。〈捨てし身の裁きにひろういのち哉〉。元被告の元「中央公論」出版部員、木村亨さんが82歳で亡くなる数日前に残した句にも、その思いがこもる。
横浜事件では、中央公論社や改造社の編集者ら多数が、「共産党の再結成に動いた」などの治安維持法違反容疑で神奈川県警特高課に検挙された。拷問が繰り返され、4人が獄死した。
昨日、東京高裁は「元被告らは、取り調べ中、拷問を受け、やむなく虚偽の疑いのある自白をした」と認定した。「(拷問死した)小林多喜二の二の舞いを覚悟しろ」「この聖戦下によくもやりやがったな」などと迫った特高の拷問の記録もある。弁護団長の森川金寿さんは、20年前、木村亨さんから、戦後40年になるのに名誉回復がなされていないと聞き、愕然(がくぜん)とした(『横浜事件の再審開始を!』樹花舎)。
つえをついて高裁に入る91歳の森川さんに、木村さんの妻まきさんが手を添えていた。木村さんたちの悲痛な訴えは、今もしっかり引き継がれているようだ。しかし、いったん失われた名誉の回復にどれだけの歳月と力を費やさなければならないのかとも思う。
再審が決まれば、裁かれるのは、当時の司法であり、国であり、あの戦争でもある。

松坂 まき 編 「横浜事件 木村亨全発言」







[PR]
by indarel | 2005-03-12 04:48 | 中国語で「天声人語」
<< 3月12日(土)  中国語で「... 3月10日(木) 中国語で天声人语 >>