德川家康家訓

400年前(正確的說是402年前的1603年),德川家康創立江戶幕府,出任第一代將軍。之後直到明治維新爲止,德川的子孫共世襲了15代將軍職位,建立了長達300年的德川幕府。德川的遺訓很有名,講述了成功立業之理,奠定他的子孫代代身居權利中樞的基礎。
今天的《翻譯夜話》,將其譯為中文。因原文為日語古文,為不傷原文風格,故將其譯為文言文。

原文:
『徳川家 家訓』
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。
急ぐべからず。
不自由を常と思へば不足なし。
心に望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし。
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思へ。
勝つ事ばかり知りて、負くる事を知らざれば害その身に到る。
己を責めて人を責むるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。


中文譯文:
人生如負重遠行,不可急之;
常思不便而知其無不足;
心生貪望者當思其窮困日;
忍為萬世長久之基,思怒乃敵;
知其勝而不知其敗者,害已及身;
責己勿責人;
不及勝於過度。


現代日本語訳文:
人の一生は重たい荷物を背負って遠い道のりを歩くようなものだ。
決して急いではならない。
何事も質素倹約を常識であると思えば、一切何かの不足を不満に思うことはない。
心に無益な望みが生じたら、困窮していた時の苦労を思い出してみよ。
耐え忍ぶことは、人生の平安、寿命の延命の元である。
自分の怒りの感情こそが自分の敵と思え。
勝つことばかりを知っていて、負けることもあるのだということを知らなければ、
その実害はいずれ我が身に返ってくる。
ただただ自分を責めて、人を責めるな。
何事もほどほどというのが やりすぎより良いのである。




[PR]
by indarel | 2005-03-15 00:38 | 翻譯夜話(繁體中文)
<< 3月15日(火)  中国語で「... 關於翻譯夜話 >>