3月16日(水)   中国語で「天声人語」

以创建地心学著称的托勒密,公元二世纪时活跃在埃及的亚历山大里亚。他还是个地理学家,并留下了一张不知真伪的托勒密地图。在地图上,遥远的东方的马来半岛被标注为黄金半岛。(出自中公新书社的《日本传说》)
在马来半岛旁的马六甲海峡海域上,乘有日本及其他国家船员的“韦驮天”号拖轮,遭到了海盗的袭击。这条海峡既浅又窄,以前就经常有海盗事件发生。去年底的大地震和强烈海啸发生后,听说海盗已经销声匿迹,他们卷土重来了吗?
据传在面向着海峡的小镇——马六甲的山丘上,曾经一时地安放过在日本传过教的弗朗西斯科・沙勿略的遗体。大佛次郎在战后不久的小说《归乡》里,描述过从这个山丘上所看到的小镇和海峡。
他笔下的一位日本画家,在书中讲述着这里的历史:“这里本来有自己的王朝、葡萄牙人打过来后修建了一座城堡、后来被荷兰人占领、之后又落到了英国人的手里。再之后是日本人来了、、、、、、今后、就不知道是哪国人要来的。其实这里就巴掌大的地方”。
这个使印度尼西亚和马来西亚、新加坡隔海相望的海上要冲,是列强侵略他国的十字路口。列强争霸的历史结束已久,但是海盗却猖狂依旧。我们要和防海啸同样,用东南亚全体的眼睛和手臂,寻找安全之路。
今天已不再是海盗们可以把“黄金半岛”一带,当作自己的“黄金海洋”的朝代了。


マラッカ海峡


日本語原文:
天動説で知られるプトレマイオスは、2世紀にエジプトのアレクサンドリアで活躍した。地理学者でもあり、本人の作かどうかは不明だが、「プトレマイオスの世界図」が残されている。そこでは、はるか東方のマレー半島はクリューセー(黄金半島)と記されている(『ジパング伝説』中公新書)。
マレー半島に沿うマラッカ海峡で、日本人などが乗るタグボート「韋駄天(いだてん)」が海賊に襲われた。浅くて狭い海峡は、以前から海賊の被害が多発している。暮れの大地震と大津波の後は、なりを潜めていたというが、犯行を再開したのだろうか。
海峡に面した町・マラッカの丘には、日本で布教したフランシスコ・ザビエルの遺骸(いがい)が、一時安置されていたという。大佛次郎は、この丘からの町と海峡の眺めを、終戦直後に「帰郷」で書いた。
日本人の画家に、土地の歴史を語らせ ている。「王朝があって、そこへポルトガル人が攻め込んで来て城を作ったのを、和蘭陀(オランダ)人が来て占領し、その後で英国が手を入れたんですね。それから今度は、日本人が来て……この後は、また、どこの国が来るんでしょうかね。黒子(ほくろ)のように小さい土地だけれど」
インドネシアとマレーシア・シンガポールを隔てるこの海の要衝は、列強の侵略が交錯する場だった。その奪い合いも終わって久しいのに、昔ながらに海賊が横行している。津波の対策と同様に、東南アジア全体の目と手で、安全の道を探ってはどうか。
「黄金半島」の周りを、海賊たちの「黄金の海」にしておく時代ではないだろう。


プトレマイオスの世界地図




[PR]
by indarel | 2005-03-16 08:59 | 中国語で「天声人語」
<< 投稿時間  8時59分 3月15日(火)  中国語で「... >>