3月16日(水)のひねり

1.「マレー半島に沿うマラッカ海峡で、日本人などが乗るタグボート「韋駄天(いだてん)」が海賊に襲われた。浅くて狭い海峡は、以前から海賊の被害が多発している。」
日本語の「~~海峡」の中国語訳は「~~海峡」のままでいいのですが、「~~海峡で」では、「~~海峡」と「~~海峡海域」の2種類の訳し方があります。ニュース性の話題や事実関係を述べる場合は後者の方がより具体性を帯びるので、「海域」をつけました。「日本人などが乗る」の訳ですが、「日本人等」と訳すと、中国語としては違和感があります。文意により「及其他国家船员」と訳しています。
訳文:在马来半岛旁的马六甲海峡海域上,乘有日本及其他国家船员的“韦驮天”号拖轮,遭到了海盗的袭击。这条海峡既浅又窄,以前就经常有海盗事件发生。

2.「大佛次郎は、この丘からの町と海峡の眺めを、終戦直後に「帰郷」で書いた。
日本人の画家に、土地の歴史を語らせている。」
「日本人の画家に、土地の歴史を語らせている」。この文は上の段落の「大佛次郎は、この丘からの町と海峡の眺めを、終戦直後に「帰郷」で書いた。」を受けています。つながりをつけて訳さないと、意味が通じません。直訳したら、「他让日本画家,讲述着土地的历史」になります、これでは、全く意味が分かりません。
訳文:大佛次郎在战后不久的小说《归乡》里,描述过从这个山丘上所看到的小镇和海峡。
他笔下的一位日本画家,在书中讲述着这里的历史

3.「インドネシアとマレーシア・シンガポールを隔てるこの海の要衝は、列強の侵略が交錯する場だった。」
「交錯する場」を最初に読んで、「交叉点」という訳出が浮かびましたが、ここでの訳出を何にするか迷いました。解釈して訳すなら、“火并地”が適訳かもしれませんが、原文の味を出そうと「十字路口」にしました。どれか良かったのでしょうか。
訳文:这个使印度尼西亚和马来西亚、新加坡隔海相望的海上要冲,是列强侵略他国的十字路口。




[PR]
by indarel | 2005-03-17 11:33 | 翻訳ーー今日のひねり
<< 3月17日(木)のひねり 3月15日のひねり >>