2005年3月25日(金)   中国語で「天声人語」


                             1898年パリ博覧会の日本茶屋
を紹介する新聞


巴黎的埃菲尔铁塔建造于巴黎公社的100年以后,1889年万国博览会的时候。在巴黎召开的万国博览会有好几次。1900年的博览会时,当时正在英国留学的夏目漱石先生前往参观,并登上了埃菲尔铁塔。
「今日观博览会,见巨型机关同方向移动,不得其晓。登著名之『埃菲尔』塔,四方可一览无余。此机关高300米,使人入一箱内,以铁条将其吊起、降之。」(出自『漱石全集』岩波书店)。
在此我们可以追忆被电梯变做「箱中人」的后世文豪的身影。此后,又有大约100年的时光流逝了。博览会成为各国的科技产品争妍的地方,成为反映时代的镜子。
博览会的主题,也是一面同样的镜子。70年的大阪万国博览会的主题是「人类的进步与和谐」。这一年是人类登月的第二年,「人类的」这一表达法充满了自豪于科技进步的回旋。但是,科学和工业所导致的公害,变得越来越深刻了。所谓「和谐」,只给人一种很牵强的感觉。
今天在名古屋郊外开幕的爱知万国博览会的主题是「自然的睿智」。我们也可以把它看做含有因为我们懂得了由人类来推行的「和谐」是不可行的,所以要依靠大自然之意。从不提「人类的」睿智,而说「自然的」睿智的这一说法来说,我们可以想象到「人类」是在反省着过去。
漱石写道,即使10天、15天地参观博览会,充其量也只能看个大概。即便真是如此,为了了解些许的大概,我要去参观。




                             1970年大阪万博


日本語原文:
パリのエッフェル塔は、大革命からちょうど100年後の1889年に開かれた万国博覧会の際に建てられた。パリでの万博は何度もあって、1900年の博覧会では、英国留学の途上にあった夏目漱石が見物し、エッフェル塔に上った。
「今日ハ博覧会ヲ見物致候ガ大仕掛ニテ何ガ何ヤラ一向方角サヘ分リ兼候名高キ『エフエル』塔ノ上ニ登リテ四方ヲ見渡シ申候是ハ三百メートルノ高サニテ人間ヲ箱ニ入レテ綱條ニ(テ)ツルシ上ゲツルシ下ス仕掛ニ候」(『漱石全集』岩波書店)。
エレベーターによって「箱入り人間」にされた、後の文豪の姿がしのばれる。それから約100年の時が流れた。各国が競い合う科学技術で生まれた品々が並んだ会場は、その時代を映す鏡だった。
万博のテーマもまた、そうした鏡の一つだ。70年の大阪万博では「人類の進歩と調和」だった。月着陸の翌年で、「人類の」という言い方に、科学の進歩の誇らしげな響きがこもる。しかし科学や産業がもたらした公害は、深刻になっていた。「調和」の方には、とってつけたような感がある。
今日、名古屋の郊外で開幕する愛知万博のテーマは「自然の叡智(えいち)」だという。人間による「調和」の達成は無理とわかったので、今度は自然を頼りにしたいとも読める。「人間の」叡智と言わず「自然の」としたところには、「人類」が過去を省みている様が思い浮かぶ。
漱石は、博覧会は十日や十五日見ても大勢を知るのが関の山、とも書いている。そうだとしても、大勢の一端を知りに、でかけてみたい。
中国ホームページランキングの確認方法:
ここをクリックして、画面が変わったら、中央
にあるカテゴリ別ランキングの3行目の
中国語学習(オンライン中国語講座、中国語教室等)を
クリックしてください。

[PR]
by indarel | 2005-03-25 08:29 | 中国語で「天声人語」
<< 3月25日の一句 2005年3月24日(木) ... >>