2005年3月31日(木)  中国語で「天声人語」

据报道,苏门答腊岛的地震使当地居民陷入了恐慌。地震后对海啸心有余悸的人们慌忙地逃向高地,形成了混乱。
有时恐慌所导致的结果是类似压死人的惨剧。但是,并不能单纯地说人们倾与恐慌是出于“不合理的行动”。
冷战中,当荷兰讨论配备战区核武器时,人们陷入了恐慌。起因是广播电台的假设原子弹在空军基地爆炸的虚构节目。当对现实生活怀有的“说不定什么时候就有核攻击”的不安,和想象世界中的广播节目重在了一起的时候,人们陷入混乱反而是自然的事情,是合乎情理的。
在苏门答腊岛,大海啸袭来时的恐惧应该是相当大的。根据地震的发生状况,的确存在发生大海啸的可能性,所以一味地要逃离海边的想法是合理的。问题是是否迅速地传达了正确地信息和有没有给居民恰当地指示。
气象厅此次迅速地给各国发了海啸消息。大海啸时的痛苦经验,有效的反映在了信息支援方面。然而,在印度尼西亚等国,在发布、传达警报和指挥居民的方面似乎还存在着问题。
大约700年前,登上苏门答腊岛的马可波罗在《东方见闻録》(东洋文库出版)里写道,“有一件大家一定会惊讶不已的怪事……这里地处遥远的南方,既看不到北极星也看不到北斗星”。希望这些远在的赤道下的岛屿,不光能收到信息支援,也能收到深厚地援助。

日本語原文:
スマトラ島沖の地震では、住民が各地でパニックに陥ったと報じられた。地震後、津波を恐れた人たちが焦って高台を目指し混乱したという。
パニックは、時には群衆による圧死などの惨害をもたらす。しかし、人々のパニックへの傾きを、単純に「不合理な行動」とは言えない。
冷戦の頃、戦域核兵器の配備がとりざたされていたオランダで、住民がパニックに陥ったという。きっかけは、空軍基地に原爆が投下された場合を想定したラジオ番組だった。「いつか核攻撃があるかもしれない」という現実の不安と、仮定の世界のラジオ番組とが重なってしまったのだが、人々が混乱するのはむしろ自然で、無理からぬものだったと思う。
スマトラの場合も、大津波襲来への不安はかなり大きかっただろう。地震の起き方によっては、それも十分ありえたのだから、ひたすら海から逃げようとしたのは理にかなっている。問題は、正確な情報の速やかな伝達と、住民への的確な指示があったかどうかだ。
今回は、気象庁が素早く各国へ津波情報を発し、大津波の時の苦い経験が、情報の支援では生きた。しかしインドネシアなどでは、警報の発令と伝達や住民への指示に問題があったようだ。
約700年前にスマトラに上陸したマルコ・ポーロが『東方見聞録』(東洋文庫)に記す。「皆さんをびっくりさせるに違いない異常な事態がある……この土地がはるか南方に位しているため、北極星も北斗七星も共に見えない」。はるか赤道直下の島々へ、情報だけでなく支援も厚く届けたい。

中国ホームページ総合ランキングは全200サイト中7位、先週より1つ後退、引き続きクリックをよろしくお願いします。
中国ホームページランキングの確認方法:
ここをクリックして、画面が変わったら、中央
にあるカテゴリ別ランキングの3行目の
中国語学習(オンライン中国語講座、中国語教室等)を
クリックしてください。

[PR]
by indarel | 2005-03-31 08:45 | 中国語で「天声人語」
<< 教えてくださいさんへのご返事 2005年3月30日(水)  ... >>