4月12日  メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2005年4月12日(火)━━

◇ ◇◇◇【日中翻訳研究雑誌】◇◇◇

     http://fanyi.exblog.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、indarelです。
この2、3日はテレビブラウン管を通して、中国各地ですごい騒ぎになっていることを見ました。今回の翻訳内容もそうですが、各方面の冷静な対応を切に希望します。中国外務省は「見たくない光景だ」と論じていますが、それはこっちのせりふだと思いました。

今回の解説(前半)

1. 「19世紀末、アイルランドにチャールズ・ボイコットという名の農地管理人がいた。」
ボイコットの訳について「排制」という意見も寄せられましたが、ボイコットさんという人名の訳出もあり、「杯葛」の方がより原文のニュアンスに近いと思います。ちなみな、「杯葛」ということばは外来語としてはまだ認知度が高くないが、中国大陸の新聞(特にスポーツ記事)でも見かけるようになりました。
(訳文)19世纪末,在爱尔兰有一个叫查理・杯葛的农场管家。

2. 「強権ぶりに小作人たちが反発し、示し合わせて、彼の発する命令はおろか朝夕のあいさつも無視する作戦に出た。」
「あいさつも無視する」を「招呼都不和他打」と訳し、「他」を加えました。「作戦に出た」を中国語文意に含ませ、直訳をしませんでした。
(訳文)他的强权态度引起了佃户们的反抗,于是大家商定无视他的命令,甚至连早晚的招呼都不和他打。

3. 「不参加とか不買の抗議行動を意味するボイコットはこれに由来する。」
「ボイコット」の訳「杯葛」に「一詞」をつけました。
(訳文)意味着弃权或者抵制活动的杯葛一词就来源于此。

4. 「日本製品に対するボイコットが中国で激発している。」
「中国で」の訳を文首にもってきました。文首に状語があった方が後の激発しているさまがより強烈さが増します。
(訳文)在中国,对日本产品的杯葛激烈发生。

5. 「きっかけは教科書検定や国連改革など最近の日本の動きにあるようだが、狙われる側はたまらない。」
「日本の動き」の訳を「教科書~改革」の訳につけ、「動き」を省きました。「狙われる」は直訳では意味が射撃などの動作でこの文にあわないので、ボイコットと意訳しています。「たまらない」は「不痛快、不舒服」ですが、「心里不是滋味」と訳しています。また、原文にある「あるよう」の訳はすこし難しいと思います。直訳の「似乎」では多少ニュアンスが違いますので、「応」としました。
(訳文)其原因应是出于最近的日本的教科书审定问题和联合国改革问题等,但是被抵制的一方的心里应很不是滋味。

6. 「アサヒビールや味の素などが一部の店で撤去された。ジャスコやイトーヨーカ堂は窓や広告板を割られた。」
この文の訳は少しもれがありました。「など」、「一部」を下記括弧のように補足します。
(訳文)朝日啤酒和味之素(等)的商品在(一些商店)被撤离店头。吉之岛和伊藤洋华堂的窗户和广告牌被打破。

7. 「昨日、北京では「日本製品排斥」を叫ぶデモ隊が、日本大使館や和食店に押し寄せた。」
「昨日」を訳文の真ん中にもっていきました。「デモ隊」は「遊行隊」ではなく、「遊行隊伍」。「押し寄せる」は「涌(向)」。
(訳文)在北京,口呼“抵制日货”的游行队伍昨天涌向日本大使馆和日式餐厅。

本日の成語、熟語の復習:
下記のことばを使って、文を作って見ましょう。
激烈发生、心里不是滋味

下記単語を中国語に訳しましょう:
1. ボイコット
2. 強権ぶり
3. 由来する
4. たまらない
5. 広告板
6. デモ隊
7. 押し寄せる

中国ホームページ総合ランキングは全200サイト中6位、引き続きクリックをよろしくお願いします。
中国ホームページランキングの確認方法:
ここをクリックして、画面が変わったら、中央
にあるカテゴリ別ランキングの3行目の
中国語学習(オンライン中国語講座、中国語教室等)を
クリックしてください。

[PR]
by indarel | 2005-04-13 02:14 | メールマガジン
<< 2005年4月13日(水) メルマガ メルマガ創刊!が、文字化け。 >>