カテゴリ:翻訳ーー今日のひねり( 6 )

3月20、22日のひねり

3月20日(日)
今日の「天声人語」は全体的に分かりやすく、大変訳しやすかったです。

1.「108カ国に8万人の会員を持つスローフード協会のイタリア人会長、カルロ・ペトリーニさんが来日し、そう述べたという。」

文首に前後文より意味を汲み、主語の“国际慢餐协会”をつけました。原文は一文ですが、3つのことを述べていますので、それぞれ分けました。「イタリア人会長」の「人」を「籍」に訳しました。

訳文:
“国际慢餐协会”在108个国家里拥有8万会员。协会的意大利籍会长卡洛·佩特里尼到日本来了。上面的是他的话。


3月22日(火)
今日は料理の名前がいっぱい出てきました。実生活でも使えそうです。
1.「「ギョーザに目がない」「生野菜は大の苦手」「たくあんやキムチには目もくれない」「カツ丼のカツは全部残す」。そんな目撃証言もある。かなり好き嫌いがあるようだ。」

原文では、「そんな目撃証言もある」は独立した文で、括弧の後ろにありますが、文首に持って行きました。また中国語の「目撃」は事故、犯行などかなり深刻なものを見る時に使用しますので、「作証」としました。
訳文:
有人如此作证,说首相“非常喜爱饺子”,“吃不了生的蔬菜”,“对泽庵咸菜和朝鲜泡菜毫无兴趣”,“一定全部剩下猪排饭里的猪排”。看起来首相非常偏食。


2.「平安の昔、栄華を誇った藤原道長は、過食か偏食か、長く糖尿病に苦しみ、食事療法に励んだ。ヘルシー志向の家康は麦飯を好み、臣下にも粗食をすすめたそうだ。」

「食事療法に励んだ」の「励む」は「食事療法を採用する」の意味合い以外に、一所懸命取り組む姿勢も表現していますので、「克制自己并采用」としました。「ヘルシー志向」の「志向」はなかなか「適訳」が見つからず、「意识较高」としていますが、ちょっと不満が残ります。訳出を募集します。
訳文:
古时的平安时代,生活奢侈的藤原道长不知是因为过食还是偏食,长期患有糖尿病。为此他克制自己并采用了饮食疗法。据传保健意识较高的德川家康喜好麦饭,并向臣下推荐食用粗粮。

中国ホームページランキングの確認方法:
ここをクリックして、画面が変わったら、中央
にあるカテゴリ別ランキングの3行目の
中国語学習(オンライン中国語講座、中国語教室等)を
クリックしてください。

[PR]
by indarel | 2005-03-27 04:09 | 翻訳ーー今日のひねり

3月18、19日のひねり

3月18日(金)
1.「この政権にタカ派的性格をもたらした新保守主義者(ネオコン)の代表格で、結局は見つからなかったイラクの大量破壊兵器の存在を主張していた。」

原文は一文ですが、二文に分けました。「見つからなかった」を「没有找到证据」と「证据」をつけて訳しました。文首に「沃尔福威茨」と主語をつけました。
訳文:
沃尔福威茨是将美国政府引向“鹰派”方向的新保守主义的代表人物。他曾指责伊拉克拥有大规模杀伤性武器,但是直到今天也没有找到证据。

2.「やはり電話で小泉さんがいち早く支持を表明し、その一体ぶりが鮮明になったイラク戦争の開戦から間もなく2年になる。おびただしい人の命が失われたが戦闘はやまない。」

直訳すると唐突な感じがしますので、文首に「伊拉克战争开始时」と文中より意味を汲んだ文をつけました。「開戦から間もなく2年になる」を別の文にして分けました。

訳文:
伊拉克战争开始时,同样是小泉首相最先通过电话表示出支持,将日美同心协力的关系清晰勾勒得一览无余。伊拉克战争开战即将两年了。夺去了无数人生命的战斗至今没有停止。

3月19日(土)
1.「多くの人が3・20で記憶する地下鉄サリン事件は、明日で発生から10年になる。」

こういった簡単な文の方が、場合によって混乱しやすいかもしれません。この文を直訳すると:「很多人用320来记忆的地铁沙林事件,明天发生10年了」になります。意味は同じですが、中国語としてはやはりバランスが悪いです。そこで、語順を変えて、「代名词」、「日子」などを加えて、下記のように訳しました。

訳文:
320是令许多人回忆起地铁沙林事件的代名词。明天是事件发生满10年的日子。

2.「富士山のふもとに、これだけ異様なものが立ち並んでいたのに、なぜ犯行を許してしまったのかと悔やまれた。」

この文の「立ち並んでいた」、「犯行を許してしまった」を直訳するより、「立ち並んでいるものが見えるのに、犯行が見えない」というニュアンスで訳した方、「悔やまれる」の表現がさらに伝わりやすいと思いますので、下記のようにしました。

訳文:
我遗憾万分,在富士山麓既然能看到这么多如此奇异的建筑,而我们为什么没能及早发现他们的罪行?

中国ホームページランキングの確認方法:
ここをクリックして、画面が変わったら、中央
にあるカテゴリ別ランキングの3行目の
中国語学習(オンライン中国語講座、中国語教室等)を
クリックしてください。

[PR]
by indarel | 2005-03-27 03:35 | 翻訳ーー今日のひねり

3月17日(木)のひねり

1、『「五輪の英雄バロン西、出てきなさい。君を失うのは惜しい」。米軍が名指しで投降を呼びかけたが、西氏は抗戦を貫いた。そんな逸話が残る。後の創作とみる説もある。』

原文は「。」で区切った4つの文で構成されていますが、最初の三つは同じ事柄を述べていて、中国語訳は同一文にした方がスッギリします。よって「そんな逸話が残る」を前に持って行き、2文に訳しました。ちなみに「バロン西」の横文字はもともと日本語の語順ではなく、最初は同じように「男爵・西」と中国語訳をつけて、アップしました。しかし、読み返して見ると、やっぱり変な感じがして、「男爵西」に訂正した経緯があります。

訳文:他留下了这样的逸闻,据说美军指名道姓地呼吁他放下武器,“奥运英雄西男爵,你快出来,我们不想向你进攻”,但是他抗战到底。当然也有人认为此话是后人杜撰的。

2.「ひ孫にあたる丹羽満彦君(17)は先週末、初めて硫黄島に渡った。黒いネクタイにカメラを2台携え、遺族ら約110人と島を巡った。日米で2万7千人もの将兵が散った島は、歩いてみると驚くほど小さかった。」

ここでは「ひ孫」、そして後の文には「曽祖父」、「祖父」と数回出てきました。西男爵と丹羽満彦の苗字が違うので、「曽外孫」、「曽外祖父」、「外祖父」の訳が正しい家族関係が反映されるかもしれません。しかし、裏づけがありませんので、原文のままに直訳して、「外」を入れていません。「島を巡った」は「環島」になりますが、中国語では物足りない感じがします。「环岛悼念」としました。「歩いてみると驚くほど小さかった」は「走一下发现了、、、」が直訳になります。しかし中国語では「走一下」だけでは「発見」には至るほどのニュアンスになりにくいので、本当はどれだけ歩いたかは分かりませんが、前後文からして少なくとも「巡った」ほど歩いたという意味合いが汲め、「步行一周后」と訳しています。

訳文:上周末,他的曾孙丹羽满彦(17岁)首次踏上了硫磺岛。他身着黑色领带、手持两台照相机,同其他大约110名遗属,环岛悼念。步行一周后他吃惊地发现这个使日美双方共2万7千名将士捐躯的岛屿竟然如此之小。

3、「満彦君はこの秋、米国の大学に進む。平和な時代であれば曽祖父が晩年まで楽しんだはずの馬術を、自分も米国で始めたいと考えている。」

原文は2文で構成されたこの文は、第2文の馬術を修飾する「平和な時代であれば曽祖父が晩年まで楽しんだはず」の部分が単独な意味を成し、独立させた方がより引き立ちます。この部分を後ろにもって行きました。「自分も米国で始めたいと考えている」の「始め」は、もちろん「開始」の意味ですが、中国語では、「開始+主動詞」でないと、欠落感があります。この後ろにつける動詞は「学習」と「練習」が考えられます。前文には「米国の大学に進む」とあるので、「学習」ならば、「大学で」と誤解される恐れがあり、「練習」としました。

訳文:今年秋天,满彦将就读于美国的大学。他打算在美国开始练习马术。他的曾祖父如果是活在和平的年代,一定直到晚年都在享受着马术的乐趣。




[PR]
by indarel | 2005-03-17 17:18 | 翻訳ーー今日のひねり

3月16日(水)のひねり

1.「マレー半島に沿うマラッカ海峡で、日本人などが乗るタグボート「韋駄天(いだてん)」が海賊に襲われた。浅くて狭い海峡は、以前から海賊の被害が多発している。」
日本語の「~~海峡」の中国語訳は「~~海峡」のままでいいのですが、「~~海峡で」では、「~~海峡」と「~~海峡海域」の2種類の訳し方があります。ニュース性の話題や事実関係を述べる場合は後者の方がより具体性を帯びるので、「海域」をつけました。「日本人などが乗る」の訳ですが、「日本人等」と訳すと、中国語としては違和感があります。文意により「及其他国家船员」と訳しています。
訳文:在马来半岛旁的马六甲海峡海域上,乘有日本及其他国家船员的“韦驮天”号拖轮,遭到了海盗的袭击。这条海峡既浅又窄,以前就经常有海盗事件发生。

2.「大佛次郎は、この丘からの町と海峡の眺めを、終戦直後に「帰郷」で書いた。
日本人の画家に、土地の歴史を語らせている。」
「日本人の画家に、土地の歴史を語らせている」。この文は上の段落の「大佛次郎は、この丘からの町と海峡の眺めを、終戦直後に「帰郷」で書いた。」を受けています。つながりをつけて訳さないと、意味が通じません。直訳したら、「他让日本画家,讲述着土地的历史」になります、これでは、全く意味が分かりません。
訳文:大佛次郎在战后不久的小说《归乡》里,描述过从这个山丘上所看到的小镇和海峡。
他笔下的一位日本画家,在书中讲述着这里的历史

3.「インドネシアとマレーシア・シンガポールを隔てるこの海の要衝は、列強の侵略が交錯する場だった。」
「交錯する場」を最初に読んで、「交叉点」という訳出が浮かびましたが、ここでの訳出を何にするか迷いました。解釈して訳すなら、“火并地”が適訳かもしれませんが、原文の味を出そうと「十字路口」にしました。どれか良かったのでしょうか。
訳文:这个使印度尼西亚和马来西亚、新加坡隔海相望的海上要冲,是列强侵略他国的十字路口。




[PR]
by indarel | 2005-03-17 11:33 | 翻訳ーー今日のひねり

3月15日のひねり

3月15日(火)
1.「価値あるものを空っぽにし、迫る敵の意欲をくじく「焦土作戦」を、ニッポン放送が検討中という。」
原文は一文ですが、「を」までは「検討中」の目的語であるのため、中国語に直訳すると動詞と目的語が遠すぎて、読んでいるうちに主語が分からなくなる恐れがあります。よって、中国語は「ニッポン放送、、、」より後ろの部分を別の文にしています。そして、蛇足になる危険をあえて冒して、「好似把草原烧成焦土」という原文にない「焦土作戦」の言い換えをつけました。「焦土作戦」もそのままで転用せず、「焦土作戦法」としました。
訳文:这种把珍贵的宝物变成空壳,使得敌军丧失战意的做法,好似把草原烧成焦土,被喻为“焦土作战法”。 据说日本放送公司现在正在酝酿采用此法。
2.これは、「メディア(媒体)の興亡」なのか。ある時代の最大のメディアが「メディアの一つ」になってゆく。これがメディアの歴史だった。
「メディアの一つ」を「媒体之一」と訳しても良いのですが、原文に潜めてある「メディア業界中の一業種」というニュアンスをうまく表現するには「众多传媒中的一分子」とした方が意味が近いと思います。また、上記の1と違って、「ある時代の最大のメディアが「メディアの一つ」になってゆく。これがメディアの歴史だった。」の後ろの2文は同じことを言っています。2文に分けて訳すと、バラバラになるので、一文にまとめました。
訳文:它是否意味着“媒体之兴衰”呢?传媒的发展史其实就是某一个时代的最强大的传媒,逐渐地转变为“众多传媒中的一分子”的历史。
3.「世代とは、人類の悠久の歴史の上に個々人の限りある歴史を乗せた、ひとまとまりの集団だ。性急とも見える既存のものへの挑戦は、後から生まれた者の永遠の権利であり宿命でもある。」
この文は一つ一つシンプルですが、抽象的なことを述べていますので、逆にまとめにくいかもしれません。「歴史」が2回出ていますが、最初の「歴史」を「歴史舞台」としました。最後の文の後ろ半分に「逆に」という意味合いの意味が含まれていますので、訳出されないと正しく伝わらないと思います。「却」を入れています。
訳文:所谓一代人,是指把载在人类悠久历史舞台上的,每一个人的有限的历史,归拢到一起的一个集团。被看作是操之过急的向旧事物的挑战,却正是后生之辈们的权利和命运。




[PR]
by indarel | 2005-03-17 10:36 | 翻訳ーー今日のひねり

先週の復習

中国語で「天声人語」を初めてから一週間、週3回UPの目標だったが、なんだかんだ言って皆勤賞をとりました。(アホか!これからだぞっ!という檄も聞こえてきそうですが、、、)なので、きながにいきます。
「今日のひねり」というカテゴリーを作ったものの、いままではとにかく翻訳優先でやってきたので、まだ一回もアップしていません。とりあえず、今回は一週間分をまとめて書きます。と言っても、たいして偉そうなこともかけません。堂主が訳出したときに苦労したところ、難しいかったところ、またはちょっと自慢したいところを中心に記録していきます。

3月7日(月)
冒頭の「朝、駅まで15分ほど歩く、、、、出勤のためとはいえ、疲れてしまう。」これを中国語に“、、、虽说是为了上班,也让我感到疲劳”と訳しましたが、なんかしっくり来ない感じがします。と言うのは、中国語ではなぜ「虽说」なのか恐らくわかりにくいです。いっそうのこと、「出勤のため」の訳出を「朝、駅まで」あたりに入れた方が、中国語としてはすっきりするかもしれません。
ほかの部分は訳しやすい文章だと思います。

3月8日(火)
栗原貞子さんの詩「生まれしめんかな」は中国語訳の出版物は存在するかは分かりません。タイトルの正式な中国語訳も分からないため、中国語サイトの栗原貞子死去のニュースから、代表作と書かれた「地下室的新生児」を転用しました。ちなみに、もともとは「帮你接生吧」と訳すつもりでした。
「被爆者」:日中辞典では「原子弾受害者」と書いていますが、語感的に違和感があったため、あえて「核輻射傷員」としました。でも納得していません、どなたがアドバイスを下さい。

3月9日(木)
全体的にやさしい文章で訳しやすかったです。

3月10日(金)
今日の文章は好きな古文、漢文をふんだんに使っていますので、難しいが、力が入ります。中国語も文言文風に訳しました。でも、ひょっとしたら先人がすでに翻訳された永井荷風先生の中国語版の本が存在するかもしれません。でしゃばってはずかしいです
1.「わが偏奇館焼亡す……火焔の更に一段烈しく空に舞上るを見たるのみ。これ偏奇館楼上万巻の図書、一時に燃上りしがためと知られたり」を「偏奇楼吐烈焰、、、、、、吾仅有观火之力,火焰时愈加猛烈,吾知此乃偏奇楼上万卷藏书之炎也”」と訳しました。 
2.。「醸造の法を知らずして猥(みだり)に酒を造らむとするなり。外国の事情を審(つまびらか)にせずして戦を開くの愚なるに似たり」を「不知酿造之法而猥琐造酒,似不审外国之情局而开战之愚行也。」と訳しました。

3月11日(金)
今日もやはり木村亨さんの文言「捨てし身の裁きにひろういのち哉」の訳出に神経を使いました。「舍身之审乃拾命哉」と訳していますが、納得していません。原文のかなを漢字に変えて、トータルで6文字(漢字)になります。漢字7文字の漢詩風の訳出にしたかったのですが、できませんでした。「哉」をとれば文字数があいますが、原文の悲しい怒りが消えるような気がしますので、決断できません。または、全く別の字を当てることも考えていて、迷っています。今後も引き続き考えます。

3月12日(土)
今日の話題はいまホットなライブドアvsフジテレビの話です。文書自体は簡単で、訳しやすかったです。イソップ寓話は意識して成語をいくつかを使いました。
また、ライブドア社名のオフィシャル中国語訳が見つからないので、中国語ニュースサイトの今回のM&A関連ニュースから「活力門」を転用しました。しかし、中国語の「活力門」(huo li men)を「ホリエモン」のしゃれに聞こえる私は、考えすぎでしょうか。

3月13日(日)
昨今、世の中は物騒で、江戸時代の「さすまた」が、現代の学び舎に出現するとは、なんて皮肉なものですね。

「さすまた」の訳はそのまま「刺股」としました。
「鬼平ファン」の「ファン」の中国語訳は一般に「歌迷、星迷、追星族等」に訳されますが、ここでは恐らく「鬼平役の俳優のファン」という意味ではないので、「推崇者、崇拝者、熱愛家、愛好家など」に訳したほうが正しいと思いました。が、適訳が見つかりません。あえて「ふぁん」を訳さずに、“因为他很喜欢鬼平,所以、、、、、、” と処理したほうが良かったのかもしれません。




[PR]
by indarel | 2005-03-14 04:33 | 翻訳ーー今日のひねり